⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年11月11日

「虎ノ門ヒルズ駅」来年6月6日開業

UR都市機構と東京メトロは11日、日比谷線の霞ケ関〜神谷町間で設置工事を進めている、虎ノ門ヒルズ駅の開業日を、2020年6月6日(土)に決定したと、発表しました。

東京の観光名所をはとバスで巡る

虎ノ門ヒルズ駅は、霞ケ関駅から約800m、神谷町駅から約500m、桜田通り(国道1号)と環二通りの交差点付近に開設されます。
1964(昭和39)年に、日比谷線が全線開業して以来、約56年ぶりの新駅です。

駅は、地下1階に、線路2本を挟むように、ホームを設置します。
各ホームに、地上への出入口を1か所設けるほか、中目黒方面行きホームからは、虎ノ門ヒルズ森タワーや、バスターミナル、銀座線の虎ノ門駅につながる地下通路が接続します。
虎ノ門駅へは約435m、徒歩約7分です。

なお、駅開業後も工事は続きます。
最終的には、周辺再開発事業とあわせて、地下2階の広場とともに、まちと一体となった駅が、整備される計画です。

日比谷線の駅ナンバリングは、虎ノ門ヒルズ駅(H-06)の開業により、霞ケ関〜北千住間の番号が、ひとつ繰り下がり、H-07(霞ケ関)〜H-22(北千住)に変わります。
また、駅開業の2020年6月6日(土)には、ダイヤ改正が行われる予定です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「地下鉄の新駅をつくる」こと自体は、何ら、悪いことではありません。
駅ができれば、街の活性化につながるというのも、一理あると思います。
ただ、隣の駅との距離が、あまりにも近すぎるため、本当に必要なのか、意味があるのか、逆に列車遅延の原因になるのではないかと、批判を浴びています。
私も、必要性という点から見ると、全く必要ないだろうと思いますが、そこはまあ、イロイロと、大人の事情というものがあるのでしょう、きっと。

ちなみに、「虎ノ門ヒルズ」という駅名に関しては、絶賛大不評中の「高輪ゲートウェイ」駅と比べると、かなり好意的に受け入れられているようです。

東京の観光名所をはとバスで巡る
20:33 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.