⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年11月14日

ポケモンGOでポケストップが申請可能に

ナイアンティックとポケモンは14日、Android/iOS用位置情報ゲーム「ポケモンGO」において、ポケストップを申請できる機能を、実施しました。

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック

本機能は、トレーナーレベル40のユーザーに限り「ポケモンGO」のゲーム内にて、ポケストップ申請、または、レビューを行なうことができます。
申請には、「Niantic Wayfarer」機能を利用し、現実世界に存在する場所をもとにした「Wayspots(ウェイスポット)」として、投稿することができます。

「Wayspots」は、歴史的建造物や、地域のストリートアートなど、幅広いスポットが、対象となります。
また、「Wayspots」として申請する際の注意点としては、認定されるスポットや建造物は、ユニークかつ、安全にアクセスできる必要があります。
さらに、申請された場所は、ユーザーがレビューで支持することで、ポケストップとして、適用されるようになっています。

これらは、もともと、ナイアンティックが提供している「Ingress(イングレス)」のエージェント(プレーヤー)が登録したもので、2018年より、韓国やブラジルなど、一部の国の「ポケモンGO」トレーナーも、新しい場所を申請することが可能となっていましたが、14日より、日本国内でも、申請が可能となりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


これは、かなり画期的なことなのではないでしょうか。
というより、今まで申請できなかったことの方が、異常事態だったように思います。
ポケGOのデータは、全部イングレスからの流用で、イングレスは場所を申請できるのに、ポケGOは何故できないのかと。

ポケストップについては、ゲームの攻略上、大変重要な設備であるため、「何故かウチの庭がポケストップに設定されていて、ユーザーが勝手に入り込んできて困る」といった問題が起こり、削除申請だけは、以前から受け付けていました。
でも、楽しく遊ぶためには、「登録」もできてしかるべきでしょう。

ポケットモンスター 2020カレンダー
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.