⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年11月30日

新国立競技場が完成

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる、新国立競技場(東京都新宿区)が30日完成し、大成建設などの、共同事業体(JV)から、事業主体の、日本スポーツ振興センター(JSC)に、引き渡されました。
整備費は1569億円で、今後の名称は「国立競技場」となります。
東京大会では、開閉会式と陸上、五輪のサッカー会場となります。
16年12月の本格工事開始から36カ月を経て、スポーツの祭典に向けた舞台が整いました。

東京の観光名所をはとバスで巡る

スギなどの国産木材と緑を生かした「杜(もり)のスタジアム」がコンセプトで、建築家の隈研吾(くまけんご)氏らが設計しました。
日本の伝統建築である軒庇(のきびさし)が、外周を取り囲みます。
木材は、47都道府県から集め、ドーナツ形の屋根も、木材と鉄骨を組み合わせ、「木のぬくもり」を創出しました。
約6万席を設け、茶色や緑色などの椅子を不規則に配置して「木漏れ日」を表現しました。
緑豊かな明治神宮外苑の景観に配慮して、高さは、約47メートルに抑え、最上階に整備した、1周850メートルの散歩道「空の杜」は、市民に開放します。

12月21日に、オープニングイベントを開催し、スポーツでは、来年1月1日の、サッカー天皇杯全日本選手権の決勝が、最初の大会となります。

当初案は、世界的な女性建築家、ザハ・ハディド氏(故人)が手掛けましたが、総工費が、最大で約3000億円に膨れ上がり、政府は、15年7月に白紙撤回しました。
東京大会後に民営化する方針ですが、計画の策定時期は、20年秋以降に先送りしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


できたんだ。
本当に、完成したんだ。
虚構新聞のネタとかじゃないですよね?!

工期が間に合わないとか、予算が足りないとか、デザインが決まらないとか、とにかく色々言われまくって、問題だらけで、五輪の"シンボル"になるメインスタジアムがこんな有様で、本当に大丈夫なのかと、本当に、心配してたんですよ。

予算的にも、そこそこなところに収まった・・・の?

多分、これからも、色々と横やりが入るのではないかと思いますが、とりあえずは、完成してよかったです、本当に。

東京の観光名所をはとバスで巡る
16:48 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.