⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年12月12日

セブン都内50店で元日休業

コンビニエンスストア最大手の、セブン−イレブン・ジャパンは11日、元日休業の実証実験を計画中であることを、明らかにしました。
店舗が入居するビルの閉館に伴う休業を除けば、セブンが元日に計画休業を行うのは、初めてです。

日用品のお買い物は楽天24

セブンによると、実証実験は、東京都内の、本部直営店と、フランチャイズ加盟店の、計50店舗程度で計画しています。
休業する店舗の選定や、休業時間帯などの詳細を現在、詰めています。
目的は、休業前後の売り上げや、利益の変動、店舗が立地する地域の需要動向を確認するためとしています。

セブンは今年、加盟店の時短営業実験を本格化させたほか、10月には、時短営業希望を原則認めるとの方針を、発表しています。

コンビニの24時間営業をめぐっては、セブンと、時短営業を求めた加盟店とのトラブルをきっかけに、社会問題化し、経済産業省の“介入”もあって、各社は、新たな加盟店支援を打ち出しました。

コンビニの元日休業実験は、店舗数で、業界3位のローソンが、10月に、計画を公表しました。
休業前後の客足や売り上げ、配送物流への影響などのデータを取得する方針で、全国50〜100店舗での実施に向けて、店舗選定などを、進めています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


セブンよ、お前もか。

昨今の社会の流れから考えて、どこかのチェーン店がお正月に休むと言っても、今更、誰も驚きません。
ですが、時短は絶対に認めないとか、店舗のオーナーに対して、相当厳しい姿勢で臨んでいたセブンが、となると、びっくりします。

良い傾向、なのかもしれませんが、実は、元日というのは、特別に売り上げが上がる、コンビニ需要の高い日なので、お正月に休むことが、お店にとって、いいことなのか、悪いことなのかは、何とも言い難いです。

日用品のお買い物は楽天24
02:06 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.