⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年12月12日

令和初の「今年の漢字」は「令」

その年の世相を漢字一文字で表す、師走恒例の「今年の漢字」が12日発表され、令和最初となる今年は、「令」(レイ・リョウ/いいつけ・おさ・よい)に決まりました。
この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で、森清範貫主が、縦150センチ、横130センチの京都府産の黒谷和紙に、広島県産の熊野筆で、揮毫(きごう)しました。

2枚組 新元号【令和】A4 クリアファイル

はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた、奥深い意義を再認識する機会を持つことを目的に始まり、今年で25回目となります。

今年は、21万6325 票(昨年2018年は19万3214票)の応募があり、「令」が3万427票を集めて、1位となりました。
新元号「令」和に、新たな時代の希望を感じた一年でした。
「令」和が、日本最古の歌集・万葉集からの出典で、海外にBeautiful Harmony=美しい調和と説明されたことや、「令」の字が持つ意味・書き方にも、注目が集まりました。
また、法「令」改正、法「令」順守、警報発「令」、避難命「令」としても使われました。

2位以下は、次の通りです。

2位「新」
3位「和」
4位「変」
5位「災」
6位「嵐」
7位「水」
8位「風」
9位「天」
10位「税」

昨年(2018年)は、「災」(サイ/わざわい)でした。

揮毫により発表された漢字は、12月21日午後6時まで、清水寺本堂に展示されます。
その後、漢字ミュージアムに場所を移し、12月22日午前9時30分から展示します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


令和キター!

ほらね、だから言ったでしょ、今年は令和一択だって
(流行語大賞は見事に外しましたが)。

「令」の方がきましたか。
そうですね。
「和」は馴染み深いけど、馴染みすぎちゃってる感があるのかもしれません。
「また"和"か」と、良くも悪くも、すんなり受け入れられたのではないでしょうか。
特に疑問を抱くこともなく。
片や「令」は、元号に初めて使われた漢字なので、どういう意味なのか、何でこの漢字にしたのか、みんな興味津々だったわけです。

新しい時代「令和」が、良い時代になるよう、期待と希望を込めて選ばれた、今年の漢字です。

令和 即位の礼 豪華記念写真集 豪華記念写真集 [ 朝日新聞出版 ]
16:20 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.