⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年12月27日

オリオン座が爆発消滅の危機?

オリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で、急激に、その明るさを失っているとする観測結果が、発表されました。
天文学者らは、超新星爆発を起こす前触れの可能性があると、指摘しています。

コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン

ベテルギウスに関する論文を、今月8日に発表した、米ビラノバ大学のエド・ガイナン教授は、ベテルギウスの明るさが、10月以降、著しく低下していると述べました。
現在は、通常時の2.5分の1程度の明るさで、夜空の星の中で、23番目前後の順位に下がりました。
一時期は、9番目に明るい星だったといいます。

ガイナン氏らのチームは、ベテルギウスを、1980年から、継続的に観測しています。
過去50年間で、これほど急激に暗くなったことはないため、何か尋常でない事態が起きようとしている可能性があると考えられます。

ガイナン氏は、超新星爆発に向かう段階にあることを示唆しましたが、そうした動きは、星の深層部で起こります。
極めて巨大なベテルギウスの場合、観測によって、その過程を明らかにするのは、不可能です。

ベテルギウスは、地球からの距離が、約700光年と、太陽系を含む銀河系の中で、かなり近くにある恒星の1つです。
誕生から、900万年ほどが経過しているとされます。
通常、このサイズの星が、1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万〜30万年の間に、超新星爆発を起こして、その一生を終えると、ガイナン氏は見ています。

これまでにも、ベテルギウスは、一定の周期で、明るさを変えていましたが、今回は、過去数年と比べ、劇的なペースで、輝きを失っています。
数学モデルに従えば、来月半ばには、暗くなる周期が終了するものの、ガイナン氏によると、再び明るくなるかどうかは、必ずしも、断定できません。

実際に、超新星爆発が起きれば、昼でも、肉眼で見えるくらいの明るさになると、ガイナン氏は指摘します。
そのときは、赤かったベテルギウスが、青い光となって、3〜4カ月、輝き続けます。
完全に消えるまでには、およそ1年かかるとみられます。

爆発で、地球の生命に直接危険が及ぶことはありませんが、放射された紫外線が、大気中のオゾン層を破壊する可能性があります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


オリオン座は、私が、星座盤など無しで識別できる、ほぼ唯一の星座なのです。
無くならないでくれー!

もし、本当に、ベテルギウスが超新星爆発を起こして、消滅してしまったら、オリオン座はどうなるのでしょう。
ベテルギウスが欠けた状態で、「オリオン座」であり続けるのか、それとも、星座としての認証が取り消されてしまうのでしょうか。

超新星爆発なんて、滅多に見られるものではないので、「それ」が起こるということは、超ラッキーなのかもしれませんが、よりによって、星座を構成する星が無くなるかもしれないなんて、寂しすぎるじゃないですか。

コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.