⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年12月23日

年末年始1割が休み無し

令和初の正月を迎える、この年末から1月5日まで、家事や仕事などを離れて、連続で何日くらい休めそうかを聞いたところ、9日間全て休める人は、36.2%だった一方、全く休めそうにないという人が、約1割に上ることが、時事通信の「年末年始休暇」に関する世論調査で分かりました。

冬の旅行は楽天トラベルで

「9日」は最多で、以下「7〜8日」13.3%、「3〜4日」12.5%、「5〜6日」11.0%と続きます。
しかし、「全く休めそうにない」が10.6%、「1〜2日」も、9.0%を占めました。

年末年始に、お年玉を除いて、予定している出費を聞くと、最多は「3万〜6万円未満」の28.0%でした。
「3万円未満」が24.6%で続き、「特別な出費の予定はない」が15.3%で、3番目に多くなりました。

また、働き方が見直されつつある、コンビニやファミリーレストランなどの、小売業・サービス業が、正月も営業するべきかを、三つの選択肢で聞きました。
最多は「三が日は営業しなくてよい」の45.0%で、「元日は休業しても、2日から営業してほしい」が38.0%、「元日から営業してほしい」は12.5%でした。

正月を迎えるに当たって、欠かせないと思うものも、聞きました。
14項目から、複数回答で聞くと、最多は「年越しそば」の57.0%でした。
次いで「おせちや雑煮などの正月料理」の55.4%、「大そうじ」の53.0%でした。
「NHK紅白歌合戦」は、32.1%で8番目、「紅白以外の年末年始特番」は、19.5%で11番目、「新聞の分厚い元日紙面」は、11.7%で12番目でした。

調査は、12月6〜9日、全国の18歳以上の男女2000人を対象に、個別面接方式で実施、有効回収率は61.4%でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


働き方改革どこいった?!
大手チェーンが、元日休業宣言していますが、それは、まだまだ少数派で、サービス業の人たちは、相変わらず、正月は休めないという状態なのでしょうか。
仕方がありません。
正月でないと、商売が成り立たない業種もありますから。

冬の旅行は楽天トラベルで
08:23 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.