⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年12月26日

千円札に落書き「世界のナベアツ」

「世界のナベアツ」という文字の書かれた千円札が、大量に見つかっています。

ダミー札束 千円札

問題の千円札は、野口英世の肖像画の胸部の辺りに、「世界のナベアツ」と印字されています。
自動販売機などでは、問題なく使用できます。
紙幣を発行する日本銀行によると、間違いなく、本物の紙幣だといいます。

このような、紙幣への「落書き」は、意外に多いのですが、落書きの文字が、同じ位置で、まとまった枚数が見つかるのは、珍しいといいます。

日本銀行によると、汚れたり傷んだりして、紙幣を交換した枚数は、昨年度だけで、250万枚です。
このうち、落書きが何枚含まれているかは、分かりません。

また、紙幣への落書きは、具体的に取り締まる法律がありません。
ただし、偽造や、紙幣を切って貼ったり、額面を書き換える変造をすると、犯罪となります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


犯人の目的が謎です。
そもそも、「世界のナベアツ」の意味も分かりませんし。

お札の枚数を数える時に、目印にしているのか、透かしの辺りに数字の書かれたお札は、よく見かけますが、それと同レベルの現象ということなのでしょうか。
ちゃんと使えるなら、問題ない・・・わけがないです。

マネーショック (千円札) ※手品用品
06:36 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.