⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2019年12月31日

こんぴらさんの石段かご廃業へ

「こんぴらさん」で知られる、香川県琴平町の、金刀比羅宮(ことひらぐう)の参拝客を乗せ、長い石段を上る「石段かご」が、来年1月で、営業を終えます。
担ぐ人が3人に減り、最高齢は69歳です。
若手も見つからず、高齢者らのお参りを支えたなじみの光景が、見られなくなります。

金刀比羅宮

金刀比羅宮は、山の中腹にあり、本宮まで、785段の石段を上ります。
石段かごは、竹や木でできた「山かご」を2人で担ぎ、365段の大門まで運んできました。
現在は、上りが5300円、往復が6800円です。

1970年から、1業者のみが営業しています。
不景気で客が減り、3年ほどやめた時期もありましたが、代表の田中武彦さん(72)が、83年に復活させました。
88年の瀬戸大橋開通後は、日に21回往復したこともありました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


もったいないというか、寂しいです。
伝統は、なるべく、残してほしいです。
特別な技術が必要なわけではなく、必要なのは、体力だけのように見受けられますので、バイトでも何とかなりそうに思えるのですが、そう簡単にはいかないのでしょうか。

金刀比羅宮
16:35 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.