⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年01月09日

アプリでトイレを呼べるサービス

TOTOは、アメリカ・ネバタ州のラスベガスで開催される、世界最大規模の、エレクトロニクス国際見本市「CES 2020」にて、トイレ一体型の車を開発し、スマートフォンアプリを通じて、トイレを呼ぶことができるサービスを、発表しました。

便座、あります。(楽天市場)

TOTOは、2019年に、グッド・トゥー・ゴーに出資を行い、TOTOの持つ知見を活かしつつ、パブリックトイレにおける、新しい価値創造の実現に取り組むため、スタートアップ企業と、活動を開始しました。

「誰もが快適なトイレにいつでもアクセスできること」を目指し、オリジナルアプリを使用して、「快適・安全で清潔なトイレ」を、検索・予約できる仕組みを、展開します。

アメリカでは、公共トイレの数が少なく、衛生面や、密室による安全性に、大きな課題があります。
こうした現地事情を受け、グッド・トゥー・ゴーは、サンフランシスコ市内の、コーヒーショップチェーン店等との連携により、ショップのトイレを改装し、システムを導入しました。

アプリを通して、快適なトイレを予約、利用できる仕組みを構築し、展開中です。

アメリカの大手スーパー、飲食店チェーンや、自治体からの問合せも増えており、また、快適なモバイルトイレの実証試験も同時に行っており、将来的には、誰もが、快適なトイレを、アプリで呼べるサービスを目指していくとしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


誰得のサービスですか。

海外が前提、ということなのでしょう。
日本の場合、そこの公園にトイレがあるし、しかも、十分きれいなので、わざわざ、アプリでトイレを呼ぶ必要なんて、ありません。
日本で暮らしていると、当たり前のことなので、「そういう」感覚は、麻痺しているというか、分からなくなってしまっていますが、日本は、世界一、トイレ事情の良い国です。
私、日本人でよかった。

トイレットペーパーが切れたら(楽天市場)
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.