⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年01月08日

カニカマ消費量世界一は日本ではない

カニカマの原料は、スケトウダラです。
冷凍したスケトウダラの身を急速に解凍し、もう一度急速に冷凍すると、カニの身のような繊維ができます。
この原理を利用して作られたのが、カニカマです。
石川県の会社が、開発しました。

では、カニカマの消費量世界一の国は、どこでしょう。
当然、発祥地の日本、ではありません。

海鮮かにかま 徳用 200g

カニカマの消費量世界一は、実は、フランスです。
2位は、スペインです。

ヨーロッパでは近年、健康ブームから、魚食人気が高まっています。
その中で、カニカマが本物のカニよりおいしくてヘルシーということで人気になり、非常に、需要が高まっています。

また、カニカマの生産量世界一の国は、こちらも、日本ではありません。
1位は、リトアニアです。

カニカマの原料である、スケトウダラは、北の冷たい海域で生息しており、リトアニアの近海でも、よく取れます。
そして、近年のカニカマブームで、ヨーロッパが、世界一の市場となりました。
このため、北ヨーロッパが、生産地として、適しているのです。
リトアニアのビチュナイという会社が、カニカマのシェアNo.1です。

ただし、カニカマを製造する機械は、日本のヤナギヤという会社が、世界の70%のシェアをもっています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


フランスは、牡蠣の消費量もめちゃくちゃ多くて、海産物の良さを理解している国なのかなあと思っていましたが、フランスのカニカマは、まずいらしいです。
う〜〜〜む・・・。

かに風味かまぼこ「かにちゃいまっせ/香り箱」12本×6pc 高級かにかま
18:40 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.