⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年02月22日

世界最高齢117歳女性が聖火ランナー候補に

福岡市の老人ホームで暮らす、117歳で、世界最高齢の田中カ子さんが、東京五輪の、聖火ランナーの候補に内定しました。
5月12日に、福岡市近郊の、福岡県志免町を走る予定です。
田中さんが車いすに乗り、親族が押すことを検討しています。

「コカ・コーラ」2020年オリンピック聖火リレーデザイン250ml

ただし、当日までの体調などをみて判断するため、実際に出場できるかどうかは、流動的な面が残ります。

田中さんは1903(明治36)年、福岡県の旧和白村(福岡市)生まれです。
昨年3月、ギネスワールドレコーズ社から、男女を通じ「存命中の世界最高齢」に認定されました。
今年1月2日に、117歳の誕生日を迎えました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ご長寿という点に関しては、非常におめでたいことです。
それは、間違いありません。

ただ、それと聖火ランナーは、関係ないのではないかと。
車いすを押してもらうという時点で、"走る"とは言いませんし。
聖火リレーはセレモニーだから、パフォーマンスとしては、そういうアピールのやり方も、有りなのでしょうか。

トーチ持てますか?
と、思わず、下世話なことを考えてしまいました。

東京観光ならはとバス(楽天トラベル)
22:22 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.