⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年03月25日

香川条例に対応したアプリ

4月1日、香川県で「ネット・ゲーム依存症対策条例」が施行されます。
同日に向けて、スマホゲーム「マッチョGoGoGo」に、「KAGAWA LIMIT」が実装予定です。
ゲームを起動すると「あなたは香川県民ですか?」という質問が現れ、Yesと答えると「KAGAWAモード」が起動し、通算起動時間が1時間に達すると、強制終了されます。

新型モデル Nintendo Switch ニンテンドースイッチ 本体 Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

ネット・ゲーム依存症対策条例は、香川県内の子どもの「ネット・ゲーム依存症」対策などを目的とした条例です。
子どものゲームプレイは「平日60分まで」といった、時間制限をはじめとした内容が、全国的な議論を呼ぶなか、3月18日に可決されました。

また、もう1つ、素案の段階から批判の的となっていたのが、同条例第11条です。
ゲームメーカーなどに対して
「(香川)県民のネット・ゲーム依存症の予防等に配慮」
「県民のネット・ゲーム依存症対策に協力」するよう求める内容になっており、ネット上では
「県外の事業者にまで影響が及ぶ」
「法的/技術的/コスト的に考えて問題があるのではないか」
など、懸念の声があがっていました。

こういった背景から“ゲームメーカーら事業者側の対応案”として、ブラックジョークのように語られるようになったのが、
「利用前にユーザーに対して『あなたは香川県民ですか?』と聞く → 香川県民だったら60分経過した時点で強制終了する」
というものです。
そして、このアイデアをそのまま実装したものが「マッチョGoGoGo」の、香川県民だけ「1日60分」で強制終了されてしまう「KAGAWAモード」です。

開発元であるクアッドアローによると
「『どんなことでも過剰にのめり込んだら害がある』という意味ではゲームにも害はありますね。
しかし議員が“おれ頑張ったアピール”するために作ったとしか思えないザルみたいな条例では何も解決しないでしょう。
もっと議論を深める問題提起をするために今回のモードを実装して世に問うてみました」
としています。

KAGAWAモードには
「休日のプレイ時間上限は90分が目安とされているが、それに対応できない」
「香川県内の子どもだけでなく、大人にまで制限がかかる」
といった問題点もありますが、ネット・ゲーム依存症対策条例に対するパブリックコメントでも
「(同条例は)県民全員にネット・ゲームの時間制限を行うよう求めているように見える」
という指摘があり、むしろ、同条例に対する戸惑いを、ストレートに反映したシステムになっている、といえるかもしれません。

そもそも「マッチョGoGoGo」はスマホゲームによく見られる“放置ゲー”であり、「マッチョにさせたい筋トレを選ぶ → たまに筋肥大の具合を確認する」というのが、基本的な遊び方です。
サクッと遊べるタイトルのため、1日60分のプレイ時間制限があっても、ゲームの楽しみを奪われることはなさそうです。

また、同作は、筋肉が無限に大きくなっていく仕様になっており、同じ筋トレを続けてしまうと、身体の一部だけムキムキになり、いびつなマッチョに仕上がってしまう“バカゲー”です。
うっかり放置し過ぎたくらいの方が、シュールな絵面を見られますし、ネット・ゲーム依存症対策条例を受けて実装されたKAGAWAモードが、ネット・ゲーム依存症対策につながる可能性も低そうです。

クアッドアローによると、KAGAWAモードは、「当面はそのまま」搭載し続ける考えです。
「次のバージョンアップの機会になくなるかもしれませんが、そもそも次のバージョンアップの予定がありません」とのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こんな冗談を、リアルに実装しても、誰からも、何の文句も出ないくらいには、香川条例って、世間から、どうでもいいと思われているんだろうなあ。

これは自己申告制ですが、GPSで位置情報を判定して、香川県内だったらKAGAWAモードが発動するというアプリがあっても、面白そうです。

Nintendo Switch Lite イエロー
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.