⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年03月26日

東京五輪延期で「本来のオリンピックイヤー」開催が実現?

3月24日、IOCとの合意がなされ、東京オリンピック・パラリンピックの、1年程度の延期が、確定的となりました。
これにより、歴史的には“縁起が良い”とされる現象が、発生しています。

NHKで、オリンピック採火式の古代ギリシャ語を同時通訳した、古代ギリシャ研究家の、藤村シシンさんの見解です。

東京観光ならはとバス(楽天トラベル)

第1回古代オリンピックは、紀元前776年に開催されました。
その後、一旦の断絶を経て、紀元1896年に、近代オリンピックとして再開されました。

紀元前776年も、紀元1896年も、4の倍数です。
しかし、実際には、紀元前1年の翌年は、紀元1年になります。
※西暦0年は存在しません
そのため、断絶なくオリンピックが執り行われていた場合、本来の開催年は「紀元4x+1年」となります。
つまり、2020年ではなく、2021年が、古代ギリシャから続く、オリンピックイヤーなのです。

さらに、2021年は、古代ギリシャの暦では、記念すべき、700回目のアニバーサリーにあたります。
古代ギリシャでは、オリンピック開催周期を1サイクルとする暦の単位「オリンピア紀」が用いられていました(1オリンピア紀=4年)。
第1回古代オリンピックが開催された紀元前776年から数えると、2021年夏は、第700回目の開催タイミングであり、記念すべき700オリンピア紀がスタートするアニバーサリーなのです。

7はアポロンの聖なる数であり、古代ギリシャでも、超ラッキーナンバーとされていました。
700オリンピア紀は、藤村さん曰く「とてつもないキリ番」とのことです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


西暦0年がないから、1年ずれているというのは、盲点でした。
近年の事例だと、夏と冬の五輪を2年ごとに開催するために、冬季五輪の開催年がずらされ、アルベールビルオリンピック(1992年)の2年後に、リレハンメルオリンピック(1994年)が開催されたという、実績があります。
なので、たまには、そんなイレギュラーケースがあってもいいのかもしれません。
実際、この時は、オリンピックの開催が"2年早まった"ために、本来なら3回が限界のところ、"4回連続出場"記録を達成できた、というような恩恵を受けた選手が続出して、かなり「おいしい話」だったのです。

東京観光ならはとバス(楽天トラベル)
09:31 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.