⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年06月30日

新しいEdgeは勝手にChromeやFirefoxのデータをインポートする

古い「Microsoft Edge」から、「Chromium」ベースの、新しい「Edge」への移行が本格化していますが、その際、新しい「Edge」が、「Google Chrome」や「Firefox」から、勝手に設定をインポートすることが、問題になっています。

楽天市場でパソコンを見てみる

パソコンに、新「Edge」への移行パッチ「KB4559309」が適用された直後、“最初の実行環境(FRE)”と呼ばれる、全画面表示の案内が行われますが、この時点で、「Chrome」のブックマークが、勝手に「Edge」へ追加されています。

新「Edge」は、確かに、他のWebブラウザーから勝手にデータをインポートしますが、[インポートしないで続行]オプションを選択すると、インポートされたデータは破棄されます。
ユーザーに決定権があることに変わりはないので、勝手にデータをインポートすること自体に問題はないというスタンスのようです。

ただし、「タスク マネージャー」などから“最初の実行環境(FRE)”を強制的に終了させてしまうと、インポートされたデータが、完全に削除されないことがあります。
期待通りの結果を得るためにも、“FRE”は、終了しないことが、推奨されています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


Windows7のPCが、ある日突然、勝手にWindows10にアップデートされていました。
そういうことを、平気でやらかしてくれるのです、Microsoftってやつは。
他のブラウザのブックマークをインポートするのも、Microsoftとしては、恐らく、親切心でやっていることで、それをわざわざキャンセルすることの方がありえない、くらいに思っているのではないでしょうか。
小さな親切、大きなお世話ですが、諦めるしかありません。
この程度のことで、いちいち驚いていたら、Windowsなんて使っていられません。

楽天市場でパソコンを見てみる
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.