⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年07月02日

関東上空で巨大火球

2日午前2時32分ごろ、関東上空に、極めて大きな流れ星(火球)が、流れました。
数分後には、爆発音も聞こえたといい、火球が破裂した際の音が、地上まで届いた可能性があります。
火球の音が聞こえた例は、極めて珍しいです。

ギベオン隕石 六芒星(ダビデの星) スターリングシルバー ペンダントトップ

星空アーティストのKAGAYAさんによると、流れ星は、西から東の空へ飛び、数分後に、室内でも聞こえる、大きな音が聞こえたといいます。
KAGAYAさんは「恐らく関係のある音だと思うのですが、それ(火球のもの)らしき轟音(ごうおん)を初めて聞きました」と語りました。
SNSでも「遠雷のような音が聞こえた」といった声が、相次いで投稿されました。

朝日新聞社が、東京大木曽観測所(長野県)に設置している星空カメラにも、この時刻、雲を青緑に照らす雷のような光が写っていました。

流れ星は、宇宙を漂うちりが、地球の大気とぶつかって光る現象です。
大きなものが、地上まで落ちてくると、隕石(いんせき)と呼ばれます。
1908年には、ロシアで、シベリアの森林を、数十キロメートル四方にわたってなぎ倒した例があるほか、2013年にも、ロシアのチェリャビンスク州上空で隕石が爆発し、衝撃波で建物のガラスが割れたり、けがをしたりする人が出るなどの被害が出ました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私は、産まれてこの方、まだ、火球を見たことはありません。
見てみたいものです。

七夕も近いことですし、なかなかロマンティックな話・・・なんて、悠長なことを言っている場合ではないのでしょうか。
爆発音がしたという程だと、隕石が散らばって、降ってきた可能性も、あるかもしれません。

カンポ・デル・シエロ隕石 ストラップ 約7〜8g
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.