⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年07月08日

JR東が時間帯別運賃の導入を検討

JR東日本が、時間帯別運賃の導入を検討しており、ネット上で、注目を集めています。

新幹線がお得(楽天トラベル)

時間帯別運賃とは、鉄道会社などが、時間帯によって、運賃を変更する制度のことです。
たとえば、ラッシュ時間帯には、運賃を高く設定することによって、利用者数をおさえ、混雑のピークをずらすなどの効果が、期待できます。
現在の鉄道会社では、距離のみに応じた運賃制度が採用されていますが、ここに、時間帯という軸を加えることで、鉄道会社としても、さらに柔軟な、運賃体系を運用できるのです。

ネット上での反応は、

「混雑が緩和されるのならうれしい」
「地下鉄やバスにも広がってほしい」

などの、ポジティブな意見が見られる一方、

「ピークじゃない時間帯の値下げじゃなくて、ピーク時の値上げだけを考えているのでは」
「実質的な値上げだ」
「社員に交通費を払う側の企業が、運賃が安い時間の出勤を迫るなどの問題が起きそう」

などの、ネガティブな声も散見されました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


現在も、似たような制度が、「回数券」にあります。
通常の回数券は、運賃の10倍の値段で11枚ですが、平日の10〜16時および土日祝日のみ使用可能な「時差回数券」は、12枚入りで、ちょっとお得です。
土日祝日のみ使用可能で14枚セットの「土休日割引回数券」というのもあります。

この制度が拡張されるようなものだと考えれば、それほど目新しいことではないような気もします。
実際に、導入している国もあるようですし。

ただ、回数券には、買うか買わないかの選択肢があるので、時間帯別運賃も、強制的に、一律で料金を決められてしまうと、問題が出てくるというか、反発が強そうだなとは思います。

いずれにせよ、首都圏では、ラッシュの緩和対策は、必要なことではあるのですが。

新幹線がお得(楽天トラベル)
08:28 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.