⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年07月23日

タツノオトシゴ養殖へ

静岡商工会議所の外郭団体、新産業開発振興機構(理事長・大石剛静岡商議所副会頭)は22日、東海大海洋学部と共同研究している、静岡市清水区三保の地下海水を利用した、タツノオトシゴの陸上養殖を、不動産業者ショアース(東京都)に技術移転をして、事業化に乗り出すと発表しました。
漢方薬の原料となる、タツノオトシゴ(海馬)の養殖システムの構築、販売を目指します。

ローズカットダイヤ×ダイヤモンドペンダント「タツノオトシゴ」

同社が、中島三和漁業協同組合(愛媛県)の協力で、同県松山市怒和島で、本格的な養殖に取り組みます。
将来的に、ベトナム、ミャンマーなど、海外に向けて、養殖システムを構築します。
同機構は、強壮剤など、タツノオトシゴを活用した商品の販路開拓を支援します。

タツノオトシゴの養殖は、2010年12月に、駿河湾地域事業化プロジェクトの一環として、同大の秋山信彦教授が中心となって、本格スタートしました。
14年ごろに、安定した繁殖やふ化、成長が見込める、完全養殖技術を確立しました。

今後は、同大で、稚魚の飼育などを進め、21年中をめどに、愛媛県内にできる施設にタツノオトシゴを移動し、養殖を始めます。

22日の静岡商議所の定例記者会見で、酒井公夫会頭は「静岡発の研究技術が世界に向けて、事業化できるのは一つの成果だ」と述べました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


タツノオトシゴは、普通に、ペットとして飼えるので(熱帯魚的な感覚で)、養殖の技術が確立されているのも頷けます。
ただ、漢方用となると、国内では、あまり大きな需要が見込めないのが、残念なところです。
最初から、海外がターゲットのようですし。

オブジェ 4サイズ シーホース タツノオトシゴ 置物
19:57 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.