⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年07月28日

自転車の傘さし運転は罰金5万円

雨の日に、傘を差して自転車に乗っている人を見かけますが、傘さし運転は、法的問題があるのでしょうか。

楽天市場で自転車を見てみる

傘さし運転は規制されていますが、その仕方は、都道府県によって異なります。

まず、道路交通法71条は、車両等の運転者が守らねばならないルールを定めています。
なお、自転車も「車両等」に含まれています。
これは、全国共通です。

そして、この中には「道路または交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項」も守らなくてはならないとされています。

道交法で定めきれない、地域に合ったルールを、各都道府県が、独自で定めようというものです。

たとえば、東京都の場合、都道路交通規則8条3号で「傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、または安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車または自転車を運転しないこと」と規定されています。

つまり、東京都では、傘を差して自転車を運転した場合、道路交通法71条6号に違反することになります。

そして、道交法71条6号に違反した者は、5万円以下の罰金に処せられます(120条9号)。

東京都以外についても、47都道府県すべてが、何らかのかたちで傘さし運転を規制していますが、その表現には、違いがあります。

たとえば、茨城県は「交通頻繁な道路において、傘を差して自転車を運転しないこと」、三重県は「かさをさして(車体に固定した場合を含む)、自動二輪車、原動機付自転車または自転車を運転しないこと」となっています。

詳しくは、各都道府県の道路交通法施行細則を調べてみるとよいでしょう。

傘さし運転で事故を起こした場合ですが、民事の損害賠償の場合、過失割合といって、双方の道路交通違反の程度などを考慮した、事故に対する責任割合があります。

たとえば、事故に対して、Aさんが3割、Bさんが7割の過失割合があると、BさんはAさんの損害の7割を負担し、AさんはBさんの損害の3割を負担するということです。
この交通事故であれば、事故で生じた損害を、過失割合をもとに、負担することになります。

一般的に、傘さし運転は、片手運転など、正常な運転ができない状況でありますし、傘を維持するために、安全注意義務も散漫になりますから、自転車運転者の、事故に対する責任(過失割合)を上げる要因になります。
具体的には、1割加算されることになるでしょう。

以上は、民事における損害賠償の話ですが、交通事故で、相手にケガをさせると、過失致傷等で罰せられることもあります。
ただ、これは単に「傘を差していた」という事情はもちろん考慮されますが、そのほかの事情(被害者のケガの程度やその他の道路交通法違反の程度)を踏まえて、総合的に判断されます。

自動車とぶつかった場合なども同様で、事故に対する過失割合の問題となります。

自転車は、身近な乗り物であるため、歩行者と同じ気持ちで乗ってしまいがちですが、「車両」であることを強く意識して、傘さし運転をしないようにしましょう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「傘を差す」こと自体が、禁止事項として明記されている都道府県が大半のようなので、傘さし運転は、そもそもアウトということになりますが、関西のおばちゃんがよくやっている、棒に巨大クリップで傘を挟む便利グッズも、ダメみたいです。
自転車は、幅60cm以内に収めなければならないという規則があるらしく、大きめの傘は、傘幅だけで、60cmを超えてしまいます。
ビニール傘や折り畳み傘などは、ギリギリ収まったとしても、棒の取り付け位置が悪くて、ハンドルがちょっとはみ出していたら、それでもう、60cm以上になってしまいます。
つまり、自転車に乗る場合は、傘は諦めろということです。
どうしても、自転車に乗りたい場合は、雨合羽を使いましょう。

ユナイト どこでもさすべえ ワンタッチタイプ 自転車用 傘スタンド 傘立てユナイト
11:28 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.