⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年07月30日

緊急地震速報は誤報、気象庁が謝罪

30日午前9時36分、東京都心から500キロ以上南にある、鳥島の近海を震源とする地震があり、気象庁は同38分、関東甲信や東海、東北の一部の広い範囲を対象に、緊急地震速報を発表しました。
しかし、震度1以上の揺れは、観測されませんでした。

備えて安心 防災・災害グッズ特集(楽天市場)

震度1以上を観測する地震ではなかったことについて、気象庁は同日午前、記者会見を開きました。
加藤孝志・地震津波監視課長は「誤報」だったと認め、「国民の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことをおわび申し上げます」と謝罪しました。

気象庁によると、地震の揺れの検知から、震源地の決定、震度の予測、緊急地震速報の発表までは、すべて、システムが、自動的に処理します。
今回は、各観測点からのデータを集めて、震源地を決める際に、実際の震源より、約450キロ本州に近い、房総半島南方沖に決めてしまいました。
さらに、地震の規模を示すマグニチュードを、実際には5.8(速報値)だったものを、7.2と、過大に推定しました。

加藤課長は「今後も精度向上に努める」とする一方、同じ条件の地震が発生すれば、再び誤報が起きるとし、「我々も悩んでいるが、改善の方向性があるかを検討したい」と話しました。

気象庁の関田康雄長官は、30日の参院国土交通委員会で、今回の誤報について問われ、「これからしっかり原因を究明し、早急にシステムの改善に努めてまいりたい」と答弁しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


誤報といっても、システムの誤作動ではなく、システムの性能の限界によるものです。
誤報を流してしまった以上、「誤報でした」という通知をする必要はありますが、謝罪をしなければいけないことなのかというと、それは、違うんじゃないかという気がします。
システムの精度を上げるために頑張りますという姿勢は、間違っていないと思いますが。

ただ、いつも思うのですが、「数秒後に地震がきます」と言われても、何もできません。
せいぜい、壁にへばりつくくらいしか。

備えて安心 防災・災害グッズ特集(楽天市場)
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.