⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年12月04日

「鬼滅の刃」最終巻発売、新聞広告も

社会現象を巻き起こしている、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さん作の人気漫画「鬼滅の刃」の、最終巻となる23巻が4日、全国で発売されました。
書店には、開店前から、多くのファンが詰め掛けました。
また、コミックス累計発行部数(電子版含む)が1億2000万部を突破したことを記念して、4日の全国紙5紙の朝刊に「1億冊感謝記念広告」が掲載されました。

鬼滅の刃 特装版23巻

大阪市中央区のブックファーストなんばウォーク店では、午前8時の開店前から、スーツ姿の会社員ら数十人が、列をつくりました。

大学生の長男に頼まれたという、大阪府富田林市の男性会社員(56)は
「私も読んでいるが、連載にはない描き下ろしが最終巻に入っているので、早く読みたくてうずうずしています」
と話しました。

同市浪速区のジュンク堂書店難波店のコミック担当者によると、最終23巻に、作者の描き下ろしが追加収録されることが発表された先月下旬から、予約が急増したといいます。

大阪・梅田のジュンク堂書店大阪本店では、1100冊を大量入荷しました。
担当者は
「今までの売れ行きを見て新刊の入荷数を決めます。入ってくる量が限られているのもあるので、できるだけ販売しようという気持ちです」
と話しました。

東京近郊の、ショッピングモール内にある大型書店でも、朝10時の開店と同時に、客が殺到しました。
書店側も、新刊を山積みにして対応しましたが、来店客が次々と手に取り、開店から15分で、200人以上の、会計待ちの列が形成されました。
平日の午前中だったため、来店客は、オトナ世代が中心でした。
多くは、会社員や主婦、そして、孫のために来店したと思しき、高齢者の姿も見られました。

「鬼滅の刃」は、最終23巻で、コミックス累計発行部数1億2000万部を突破しました。
これを記念して、4日の毎日新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、日本経済新聞5紙の朝刊に「1億冊感謝記念広告」が掲載されました。

これに先立ち、3日の夕刊には、コミックスの「完結巻記念全面広告」が掲載されました。
広告には、鬼殺隊の長・産屋敷耀哉(うぶやしき・かがや)の名言
「永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり 不滅なんだよ」
が掲載されました。

そして、4日の「1億冊感謝記念広告」には、その"想い"を継いで戦った、炭治郎らキャラクター15人が、各紙に3人ずつ、それぞれの名言とともに、登場しました。
広告には「夜は明ける。想(おも)いは不滅。」というコピーが添えられ、吾峠さんから読者へのメッセージも、掲載されました。

ネットには、
「新聞をこんなに数紙も買うなんて後にも先にも今回限りだと思うの」
「鬼滅の新聞が欲しいがためにハシゴした私はなんなん?」
「5紙全部買おうとしたけど、1紙だけ置いてなかった…。3軒ほど回ったよ」
「広告が掲載されてる新聞を無事に5紙ゲット」
など、早朝から、コンビニなどに足を運んだファンの声が、あがっています。

午前5時ごろ、コンビニでは、新聞を複数購入する若い男性が見られ、店員は
「きょうの新聞なにかあるんですか?新聞をこんなに買う人を見た事がない。お兄さんで4人目ですよ、きょう」
と、驚いた様子でした。

集英社は、同日午前11時から、朝刊の広告として掲出した画像を、特設サイトで、全て公開しています。

【掲載紙のキャラクターと名言一覧】

▼読売新聞

竈門炭治郎(かまど・たんじろう)
「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!」

栗花落カナヲ(つゆり・かなを)
「一人じゃ無理だったけど仲間が来てくれた」

悲鳴嶼行冥(ひめじま・ぎょうめい)
「誰が何と言おうと私は君を認める」

▼朝日新聞

竈門禰豆子(かまど・ねずこ)
「大切なのは”今”なんだよ」

我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)
「俺は自分が信じたいと思う人をいつも信じた」

時透無一郎(ときとう・むいちろう)
「僕は幸せになる為に生まれてきたんだ」

▼日経新聞

煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)
「俺は信じる 君たちを信じる」

甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)
「また人間に生まれ変わったら 私のことお嫁さんにしてくれる?」

伊黒小芭内(いぐろ・おばない)
「今度は必ず君に好きだと伝える」

▼毎日新聞

富岡義勇(とみおか・ぎゆう)
「もう二度と目の前で 家族や仲間を死なせない」

胡蝶(こちょう)しのぶ
「きっと君なら できますから」

宇随天元(うずい・てんげん)
「恥じるな 生きてる奴が勝ちなんだ」

▼産経新聞

嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)
「俺は動き出す 猪突猛進をこの胸に!!」

不死川玄弥(しなずがわ・げんや)
「兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように 俺も兄ちゃんを守りたかった」

不死川実弥(しなずがわ・さねみ)
「テメェは本当に どうしようもねぇ弟だぜぇ」

吾峠さんのメッセージ

応援してくださった皆さま、
本当にありがとうございます。
たくさんの方に助けていただき、
支えていただきました。
皆さまの歩く道が幾久しく健やかで、
幸多からんことを心から願っております。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


コミックス23巻については、かなり早い段階で、アマゾン楽天ブックスなど、大手通販サイトでは、予約ができなくなっていました。
一方で、コンビニでは、山積みになっており、あっさり買えた、特装版(フィギュア付き)も売っていたとのことです。
また、小さい書店も、ねらい目だったようです。
入荷数が少ないだろうと予測して、大手書店に客が流れ、ノーマークだったものと思われます。

ちなみに、特装版は、初回限定の受注生産ではないので、発売日以降も、購入可能です。

しかし、それよりも驚きだったのが、新聞広告です。
全く知りませんでした。
全国紙5紙に、全面広告4ページ、しかも、各紙全て別バージョンとは、集英社もやりますねえ。

ひと昔前なら、新聞を定期購読していない家庭なんて有り得ない、毎日・読売・朝日新聞のいずれか+日経・産経新聞は必ず読んでいるという人も大勢いましたが、今はみんな、ネットでニュースサイトを見ています。
紙の新聞が売れなくなった現代において、鬼滅の刃は、新聞業界でも、救世主になってくれたようです。
あくまで、「今日だけ」ですが。

鬼滅の刃 1〜23巻全巻セット
20:08 | 鬼滅の刃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.