⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2020年12月27日

鼻毛は抜いていいのか

鼻毛が伸びたら、抜くのが習慣になっている、という人も多いですが、ちょっと待ってください。
その鼻毛、抜いてはいけません。

鼻毛カッター 水洗いOK 鼻毛バリカン 鼻毛切り 鼻毛シェーバー エチケットカッター 充電式

鼻は空気の通り道です。
吸った空気には、ゴミやほこり、ウイルスなどが、たくさん含まれています。
鼻毛は、鼻の入り口で、大きなゴミなどを、捕らえてくれます。
捕まえられなかった異物は、鼻の粘膜に生えている、細かい毛の働きで、排出されます。
鼻毛は、フィルターのような役割をしているのです。

鼻毛を無理やり抜いてしまい、鼻毛の根元に病原体が入ると、炎症が起きて、腫れてしまいます。
腫れが、目立つほど大きくなることもあり、痛みも伴うようになります。
細菌によって、炎症が起きてしまった時は、抗菌薬を使って、治療します。
しかし、抗菌薬が効かない「薬剤耐性菌」の場合は、なかなか治りません。

それでも、どうしても気になるというのなら、鼻から出ている部分だけ、ハサミや、鼻毛カッターで切りましょう。
ただし、鼻の中の皮膚に、鼻毛カッターを押しつけるようにして切ったり、除毛用のクリームなどは、使ってはいけません。
鼻毛が短くなりすぎると、異物が入ってくるのを防げなくなります。
また、鼻の中も、乾燥しやすくなります。

これらのことを防ぐには、なるべく、鼻で呼吸するようにします。
鼻から空気を吸うと、ほこりなどを取り除いてくれるだけでなく、空気が、鼻を通り抜ける間に暖められ、乾燥している時なら、湿度も適切な状態にしてくれます。
肺に負担がかからないため、風邪やインフルエンザなどにかかるリスクを減らすことにもつながります。

鼻毛が短かったり、全くない状態では、こうした機能が、十分に果たせなくなる可能性があります。
ですから、鼻毛をお大事に。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


とりあえず、医学的な云々は置いておくとして。
実際に生えているということは、必要だから生えているのであって、それを無理矢理取り除くというのは、やってはいけないことなんだろうなと思います。
理屈では。
鼻毛が伸びるということは、空気の汚い場所で生活しているということなので、ちょっと念入りに、掃除をしてみましょう。

ところで、鼻毛は、加齢とともに、太く、長く、伸びるスピードも速くなっていくような気がするのですが、どうして、頭の毛とは真逆の現象が起こるのでしょうか。
ちなみに、鼻毛も白髪になります。

鼻毛カッター 水洗いOK 鼻毛バリカン 鼻毛切り 鼻毛シェーバー エチケットカッター 充電式
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.