⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2021年01月19日

Suicaが入場券として使えるようになる

JR東日本は3月13日から、交通系ICカードで、Suicaエリアの駅構内に入場できるサービス「タッチでエキナカ」を開始します。
料金は150円、または140円で、有効時間は、入場(タッチ)から2時間となります。

Suicaのペンギン カードケースW(蝶ネクタイ)

タッチでエキナカは、首都圏、仙台、新潟の、各Suicaエリアに所在する、ゲートのある自動改札を備える駅で、利用できます。
チャージ残高のあるICカードで、駅に入場し、2時間以内に出場すれば、自動的に、適用されます。

利用できるICカードは、以下の通りです。

・Kitaka
・icsca(仙台エリアの対象駅のみ)
・Suica(モバイルSuica、Apple PayのSuicaを含む)
・PASMO(モバイルPASMO、Apple PayのPASMOを含む)
・TOICA
・manaca
・ICOCA
・PiTaPa
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

料金は「入場券」と同額で、東京の「電車特定区間」(※)に所在する駅は140円、その他の駅は150円です。

※「電車特定区間」とは、JRグループの「旅客営業規則」に定める、大都市の中でも、特に乗客数の多い区間です。
区間内の駅間(出入り口にある駅を含む)の、運賃や入場券料金は、通常よりも割安となっています。

タッチでエキナカは、Suicaエリアでも、利用できない場合があります。
具体的なケースは、以下の通りです。

●有効な定期券/企画乗車券がある場合

ICカードに定期券(定期乗車券)または企画乗車券の情報が書き込まれている場合、定期券/企画乗車券が有効な区間(ゾーン)内では、タッチでエキナカを利用できません。

なお、区間(ゾーン)外の駅や、定期券/企画乗車券の有効期限が切れている場合は、問題なく利用できます。

●チャージ残高が足りない場合/チャージを利用できないICカードを持っている場合

タッチでエキナカは、ICカードのプリペイド残高から、利用料金を差し引きます。
そのため、以下のいずれかに当てはまるICカード乗車券では、利用できません。

・入場時点のチャージ残高が利用駅における初乗り運賃に満たない
・定期券有効期間外のチャージ残高の利用を無効化している
・チャージできない設定にされている

●新幹線改札口を利用する場合(乗り換え改札口を含む)

在来線との乗り換え改札口を含めて、新幹線の改札では、タッチでエキナカを利用できません。
新幹線改札内にある施設を利用する場合や、新幹線のホームで見送りをする場合は、事前に入場券を購入します。

●簡易改札機が設置されている駅/改札口

タッチでエキナカは、ゲートのある自動改札を備える、Suicaエリアの駅で利用できます。
ゲートタイプではない「簡易改札機」を設置している駅や、改札口では、利用できません。

●他社との乗り換え改札口、他社が管理する駅/改札口

タッチでエキナカは、JR東日本のサービスとなります。
そのため、他社との乗り換え改札口では、利用できません。

また、他社が管理していて、改札が共通化されている、以下の駅でも、利用できません。

・綾瀬駅(常磐線:東京メトロが管理)
・羽沢横浜国大駅(東海道線:相模鉄道が管理)
・八丁畷駅(南武線:京浜急行が管理)

その他、サービスを利用できる駅であっても、他社に業務を委託している、一部の改札口では、利用できないことがあります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


JR東日本ではなく、私鉄でのことなのですが、PASMOで入って、駅のホームで写真だけ撮って、そのまま帰ろうとしたら、自動改札でビビーってとめられて、「入場した駅と同じ駅からは出場できません、窓口に行ってください」とアナウンスされました。
つまり、PASMOのカードでは、「入場券」は使えないということです。
案外、使い勝手が悪いんだなと思ったものです。
やれやれ。

でも、これからは、使えるようになります。
便利になって、よかったじゃないか、というより、何で、今までは対応していなかったのかと、そっちの方が不思議です。
普通に使えるものだと思っていたので。

スマホ ICカード 電磁波干渉防止シート
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.