⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2021年01月22日

「デスノート」などロシアで放送禁止に

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの裁判所は20日、「デスノート」や「いぬやしき」など、日本の複数の人気アニメについて、暴力や死など、過激なシーンの描写が、視聴する未成年者らの成長に悪影響を与えるとして、露国内での、放映や配布を禁じる決定を出しました。
インタファクス通信が伝えました。

デスノートDEATHNOTE(1-12巻 全巻+13巻)全巻セット

両作品のほかに、禁止されたアニメは、「東京喰種トーキョーグール」と「エルフェンリート」です。
同通信によると、露検察当局が、複数のアニメの配布を禁止すべきだとする請求を、裁判所に行っていました。
検察当局は「過激な内容を含むアニメが未成年者に自殺などの害を及ぼすということが認められた」とコメントしました。

ロシアでは近年、「コスプレをする」という意味の新たな動詞が誕生するなど、日本アニメやマンガが、人気を呼んでおり、インターネット上では、有志が、日本作品を翻訳しています。
一方、保守的な専門家を中心に「日本の作品は過激で、未成年者に悪影響を及ぼす」との見解も、示されています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「ドラゴンボール」が、初めて輸出された時も、暴力的だとして、かなり風当たりの強い地域もありました。
その時は、放送禁止にまでなった事例は、なかったと思いますが。

お国柄の違いというものがありますので、そういう評価を受けてしまうのも、残念ですが、致し方ないことです。

東京喰種トーキョーグール:re Blu-ray BOX【初回生産限定商品】
04:09 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.